携帯アドセンスを表示させよう

では次に自分の持っているHTMLサイトをテキストエディタなどで開いてください。(ビルダーなどでモバイルサイトを作っている、編集している人でもこれ以後の編集でエラーが出てしまう可能性があるのでテキストエディタ、Crescent Eve(フリーソフト)などで開いてください。)

注意:ここから先はCrescent Eveを使ったキャプチャー画像です。

HTMLにアドセンスコードを貼り付ける

1、モバイルアドセンスコードを貼り付ける

とりあえず<body>タグの中であれば何処でもかまいませんのでアドセンスコードのタグを貼り付けてください。(下記画像はタグの貼り付け例です。)

注意:ランキングサイトへのリンクの上や広告の下に↑などがないようにしましょう、クリックを強制させるようなアドセンスの表示の仕方はプログラムポリシーに反するため警告が来ます。

2、PHPの宣言文を貼り付ける

まず一番上、<html>の上にPHPの宣言文を挿入しましょう。下記のタグをそのままコピーして貼り付けてください。このコードにはアドセンスコードをつくる際に選択した日本語Shift_JISにする宣言文が入っています。これでアドセンスの文字化けを防ぐことができます。

これでHTMLでつくったサイトにアドセンスが表示される準備ができました。

しかし、このまま保存してもただのHTMLファイルになってしまうので、PHPファイルとして保存しなくてはなりません。

PHPファイルとして保存する

ではHTMLをPHPファイルとして保存しましょう。
ファイル→名前をつけて保存をクリック。Ctrl+Shift+Sでも名前をつけて保存できます。

ファイルが保存し終わったらFTPなどでサーバーにアップしましょう。
注意: PHPファイルはブラウザでプレビューすることができません

サーバーにアップしたらウェブ上でアドセンスの表示が確認できます。(PCからの閲覧を制限している人は携帯から確認してください。)サイトがキャッシュされていない、グーグルのクロールがきていない場合表示されるまでに時間が掛かることもあります。
文字化けしてしまっている人は、他の宣言文(xmlなどの)が書かれていないか確認してください。宣言文が重複するとうまく表示されません。

PC画面ではこんな感じで表示されます。
2008/1/17:PCではアドセンスの表示を確認できなくなりました。携帯からのみ確認できます。

このページのトップへ

ガラケー・スマホでアドセンスをするならシリウスがお勧め

PCサイトとスマホ、携帯(ガラケー)のサイトが一つの管理画面で作成できるアフィリターが愛用する人気ソフト、SIRIUS(シリウス)。テンプレートもついているので、アドセンスコードの挿入も簡単。PC、スマホサイトも同時作成できるのでとっても便利です。

携帯アドセンスをはじめよう!
携帯アドセンス基礎知識
携帯コンテンツを用意しよう
携帯アドセンスコードとは
携帯アドセンスコードの取得
携帯アドセンスを入れてみよう
アドセンスが文字化けたら
携帯アドセンスの審査
アドセンスのアカウントとは
モバイルアドセンスの審査は簡単?
アカウント停止・削除とは?
アドセンスの規約を守ろう
プライバシーポリシーページは必須
携帯サイトの作り方
用意するもの
XHTMLで書こう
タグの装飾
画像の挿入
携帯ホムペ用無料素材
フォルダ・アナスイアイコン他
矢印・はてな・ヤフカテ他
携帯サイトSEO対策
検索エンジン登録の効率化
検索エンジン登録先リスト
ヤフーモバイルカテゴリに登録
ヤフーモバイルカテゴリ登録手順
GoogleのSEO対策
キーワードの選び方
キーワードの検索順位をチェック
内的SEO対策済み無料テンプレート
携帯アフィリの基礎知識
アドセンスとアフィリの違い
携帯アフィリエイトの選び方
便利なツールを使う