モバイルアドセンスの文字化け

携帯アドセンスのトラブルでよくあるのがアドセンスの文字化けです。
文字化けは文字コードを入れてあげることで回避できます。PHPの場合<html>の上にPHPの宣言文を貼り付けることで回避できます。

携帯アドセンスを入れてみようにも書きましたがPHPの宣言文は下記をコピーしてください。このコードにはアドセンスコードをつくる際に選択した日本語Shift_JISにする宣言文が入っています。これでアドセンスの文字化けを防ぐことができます。

 

携帯サイト作成ソフトを使っている場合

携帯ソフト作成ソフトを使っている場合、文字化けが起こる例は結構あります。

携帯ソフト事体のエンコードがUnicode UTF-8、Unicode UTF-16、 Unicode UTF-16 Windows 等で保存されている場合、文字化け回避のコードを貼っても回避されません。

そのため、1度テキストエディタやクレセントイブなどに吐き出して文字コードを編集し、PHPを貼り付けると回避できるケースが多いです。

下記のようなコードがあったら消しましょう。これはメタタグで文字コードを宣言しているタグです。

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />

ホームページビルダーやドリームウィーバー、ケータイ・サイト制作王、DesignWire、などいろいろありますが、文字化けしててんぱってしまったら、まずは基本に戻ってテキストエディタでソースコードのチェックをしましょう。

タグのマークアップが間違っている場合

HTMLのタグのマークアップが間違っている閉じタグが付け忘れているなどが原因で文字化けることもよくあります。閉じタグのチェックをしても文字化けが直らない場合は、HTMLのタグのどこかがおかしいはずです。

よく私が文字化けを起こしてしまったのは<font>の指定を大きく括りすぎてしまったことが原因でした。<body>タグから</body>タグの直前までのフォントサイズの指定をしていましたが、それが文字化けの原因になっていたようです。

また<body>の前の<head>タグ、<meta>タグ、に文字化けの原因があることもありますので、よく確認しましょう。

このページのトップへ

ガラケー・スマホでアドセンスをするならシリウスがお勧め

PCサイトとスマホ、携帯(ガラケー)のサイトが一つの管理画面で作成できるアフィリターが愛用する人気ソフト、SIRIUS(シリウス)。テンプレートもついているので、アドセンスコードの挿入も簡単。PC、スマホサイトも同時作成できるのでとっても便利です。

携帯アドセンスをはじめよう!
携帯アドセンス基礎知識
携帯コンテンツを用意しよう
携帯アドセンスコードとは
携帯アドセンスコードの取得
携帯アドセンスを入れてみよう
アドセンスが文字化けたら
携帯アドセンスの審査
アドセンスのアカウントとは
モバイルアドセンスの審査は簡単?
アカウント停止・削除とは?
アドセンスの規約を守ろう
プライバシーポリシーページは必須
携帯サイトの作り方
用意するもの
XHTMLで書こう
タグの装飾
画像の挿入
携帯ホムペ用無料素材
フォルダ・アナスイアイコン他
矢印・はてな・ヤフカテ他
携帯サイトSEO対策
検索エンジン登録の効率化
検索エンジン登録先リスト
ヤフーモバイルカテゴリに登録
ヤフーモバイルカテゴリ登録手順
GoogleのSEO対策
キーワードの選び方
キーワードの検索順位をチェック
内的SEO対策済み無料テンプレート
携帯アフィリの基礎知識
アドセンスとアフィリの違い
携帯アフィリエイトの選び方
便利なツールを使う